March 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

カネボウの美白成分だけが危ない?


人気ブログランキングへ

☆゜:*:゜★゜:*:゜☆゜:*:゜★゜:*:゜★゜:*:゜☆゜:*:゜★゜:*:゜☆
しっかり代謝! しっかり保湿! しっかり自分!
☆゜:*:゜★゜:*:゜☆゜:*:゜★゜:*:゜★゜:*:゜☆゜:*:゜★゜:*:゜☆


先日からカネボウ化粧品の美白成分「ロドデノール」による、肌がまだらに白くなることが問題となっています。
     ニュースを見る

このニュースを見て、私はこんなに被害が大きくなっていることに驚きましたが
白くまだらになることはあり得ると思っていたので、それほどの驚きはありませんでした。

カネボウが開発した美白成分ロドデノールが、各社こぞって出している美白成分よりも
メラニン色素を生成しないことに優れていたのだと思います。

美白成分の意図する働きを色々調べてみましたが

「メラニンはチロシナーゼが元となっているので、○○○○成分(各社名前が違いますが)は、
チロシナーゼの働きを抑える働きがある。メラニンを作らせないからシミにならない。」

このうたい文句の美白化粧品は、カネボウだけではなく大手化粧品会社は、それぞれ開発して
自社の製品に入れているようです。

まず、どうしてメラニンをそんなに悪者扱いしているのでしょうか

メラニンは、紫外線のダメージを皮膚の深部にまで行かないよう、肌を守るため人間に備わっている機能の一つです。

そのことをきちんと理解しているであろう、研究者たちが、メラニンを生成しないようにするような
危ない成分
をどうして作ろうと思ったのでしょうか? 

美白美白・・・・

今は、美白ブームですが、肌の色は自分の本来持っている肌の色以上に白くならないことはわかりますよね。
美白を求めるというよりも、出来たシミを何とかしたいという女性の気持ちに応え、
大手の化粧品会社が先を争うように研究し、新しい成分を創り出したのではないでしょうか。

新しい成分・・・

臨床試験をしたから安全ですか? 
何年も塗り続けた訳ではありませんから、結局は世に出て人の身体で2〜3年経たないと
どんな反応があるのかが不明なのだと思います。

私が自社の製品に生薬を用いるのは、人が何千年もの間、効能があるとして使ってきた民間療法として使われてきた歴史があるからです。

天然ヒアルロン酸+紫外線によるダメージを修復する生薬+温泉水=>美容液はコレ

人によってはアレルギーを持つ成分もありますが、そのことも前もってわかっている成分たちです。

即効性を求め過ぎる現代ですが

 「時間をかけ、人間の持てる機能を高め、肌質を改善する」

それこそが、一番大事なスキンケアだと私は思います。

 

comments

今を見たら被害者7000人強だそうです!!
恐ろしい…

  • ラフテー
  • 2013/08/19 6:13 PM
   

trackback

pagetop